Artists

西澤 安澄Azumi Nishizawa

ピアノ

Profile


スペインを拠点に、国際的に活躍するピアニスト。スペイン音楽のスペシャリストとして各国で高い評価を得ている。

桐朋学園女子高等学校音楽科を卒業、同大学にて神谷郁代、岡本美智子、池田素子に学ぶ。その後、フランスの巨匠・名教授として高名なドミニック・メルレにその才能を見出されて、ジュネーブ音楽院大学院にて師の薫陶をうけた。同音楽院を満場一致の一等賞で卒業後、スペインを代表するピアニストで名教授のホアキン・ソリアノに招かれ、拠点をマドリッドへ移す。2002年スイス・ジュネーブ芸術協会主催の定期演奏会でのデビュー以来、世界各国で活発な演奏活動を行っている。これまでに、フランス、イタリア、スイス、スペイン、ポルトガル、日本、中国の主要な音楽ホールでのリサイタル、各国の音楽祭への出演多数。ジュネーブ芸術協会の定期演奏会シリーズ(スイス)、パリ・ショパン・フェスティバル(フランス)、京都千夜一夜音楽祭(日本)、ヴィチェンツァ春の音楽祭(イタリア)、ロス・クラシコ・デ・ベラノ・エン・マドリッド(スペイン)、トーレシユダ音楽祭(ウエスカ、スペイン)、ローブレス音楽祭(スペイン)その他多数。京都清水寺でクラシック音楽の演奏会としては開帳後初めての奉納コンサートを開催。スペイン・グラナダ大音楽堂の杮落としのためのリサイタルを行う等さまざまなシーンにおいて活躍。

ソロ活動と並行して室内楽にも力を入れている。これまで、名門スイスロマンドオーケストラのトッププレーヤーで編成されたスイスロマンド木管クインテットとの日本ツアー、アッサイ弦楽四重奏団ほか、一流アーティストとの共演を重ねている。バロック時代の室内楽にも興味を示しており、バロックフルート奏者のマリアノ・マルティンと共にグループ・エクストラヴァガンツァのコンサートプロジェクトにはチェンバロを用いて共演した。

遺族から厚い信頼を得、またスペイン精鋭の音楽学者らからの積極的な応援のもと、2010年、スペインの名門レコードレーベルVERSOより「マヌエル・デ・ファリャ ピアノ作品全集」をリリース。スペインが世界に誇る大作曲家ファリャの数少ないピアノ曲全集を造る歴史的プロジェクトとして注目が集まった。日本ではレコード芸術特選盤に選ばれるなど、スペインのみならず各国で販売、好評を得ている。その後、2012年にCD「ファリャ: ピアノ編曲作品全集」、2014年にはCD「アルベニス:組曲イベリア全集」発表している。

2003年、映画「福耳」(宮藤官九郎、田中邦衛主演)出演、演奏。

2004年、上海師範大学非常勤教授。

現在はグラナダ在住。




SCHEDULE 

スケジュール                                                                                            


スケジュールはこちらからご確認ください。

http://azuminishizawa.com/