Artists

タムシン・ワリー=コーエンTamsin Waley=Cohen

ヴァイオリン

Profile

1986年ロンドン生まれ。王立音楽院で学び、イツァク・ラッシュコフスキー、ルギエーリョ・リッチ、アンドラ・ケラーに師事。

タムシン・ワリー=コーエンは、冒険的、かつ多様なキャリアを誇る。その輝かしいキャリアの一部にはBBC響(アンドリュー・リットン指揮)、ロイヤル・リバプール・フィル(V.ペトレンコ指揮)、ロイヤル・フィル(グジェゴシュ・ノヴァック指揮)ハレ管弦楽団(ステファン・ベル指揮)

などの著名なオーケストラや指揮者との共演が含まれる。

 彼女はチェロ奏者で作曲家のヒュー・ワトキンスとのデュオ公演もこなしているほか、彼が作曲した協奏曲も初演している。また2人はともにシャンズ・ヒルとサイン・レコーズから録音もリリースしている。 妹は作曲家のフレイヤ・ワリー=コーエン。

 彼女の室内楽に対する愛は、今年で9年目になるハニー・ミード音楽祭を始め、ロンドンのトリサイクル・シアターで行われる“サンデー・シリーズ”の芸術監督にも彼女を導いている。

2016〜2017年シーズンにヨーロッパ・コンサートホール協会(ECHO)のライジング・スター・アワードを受賞。

 

<演奏動画リンク>

https://www.youtube.com/watch?v=kziLjOGaBUE&list=PL4XqSnkdqWA1LMkQa6CPCKLbCottpzC7Y