Artists

エリック・ハイドシェックEric Heidsieck

ピアノ

Next Concert

2018/7/8(日)
来日50周年記念 エリック・ハイドシェック with カメラータ・ジオン

会場:東京文化会館小ホール
開演:15:00

Profile

1936年8月21日、フランス北部の古都ランスを代表するシャンパン王、シャルル・エドシック家に生まれた。アマチュア・チェロ奏者の父とピアニストの母という音楽的な環境の中、5歳からピアノに親しみ、名ピアニストであり名教師であるコルトーの勧めで6歳より本格的な勉強を始める。 

52年、パリ音楽院に進学し、54年には首席で卒業した。この間、バスクール・ドゥ・ゲラルディや、マルセル・シャンピに師事。

55年1月、サル・ガヴォーでリサイタル・デビューを果たす。また、同年に行なわれたパリ・シャンゼリゼ劇場でのリサイタルでも大成功を収め、ピアニストとしての地位を確立した。60年にはアメリカでもリサイタル・デビュー。以後、旧ソ連、イギリスを始め、世界各国で、リサイタルや著名なオーケストラとの共演を行なっている。

60年代のハイドシェックは、特に「モーツァルト弾き」として、数々のコンチェルトをレコーディングしている。コルトーには、その死の年(62年)まで指導を受け続けた。このコルトー直伝の個性を優先する演奏法は、現在も彼の中で脈々と息づいている。

これまでにリリースされたCDは多数あり、宇和島でライヴ録音されたベートーヴェン3大ソナタはベストセラーとなった。

また、後進の指導にも力を注いでおり、リヨン音楽院教授を17年間務めたほか、ヨーロッパや日本の各地で公開レッスンを行なっている。最近では、パリにて開催された「ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ」や「モーツァルト/ピアノ協奏曲」等、テーマに基づいた公開レッスン・シリーズが好評を博している。

97年、スペインのバルセロナで3週間に8回行なわれたコンサートにおいて、ベートーヴェンのピアノ・ソナタ全曲を演奏。98年11月には北京でも2夜連続公演を行ない熱狂的に受け入れられた。日本では、68年の初来日以来、真摯な姿勢と音楽の隠れた魅力を引き出す凄演で人々を魅了してきた。97年6~7月の全11公演、98~99年の3期に渡って行なわれた「ベートーヴェン/ピアノ・ソナタ」演奏会は大盛況を極めた。

現在も、ヨーロッパでのコンサート活動やレコーディングなど、精力的な活動を続けている。