Artists

アンリ・バルダHenri Barda

ピアノ

News

Next Concert

2017/10/29(日)
アンリ・バルダ ピアノリサイタル

会場:港南区民文化センター ひまわりの郷
開演:14:00

Profile


ヨーロッパの良き伝統を受け継ぎ、エレガントで真摯な稀有のピアニスト。



「知る人ぞ知る」当代無比の演奏は、多くの芸術家たちや音楽家たちの尊敬を集めている。3歳から、ホロヴィッツが生涯で最も恐れたライバルであったポーランドのピアニスト、イグナス・ティエガーマン(1893-1968)に特別な個人指導を受け、16歳からパリで、フランス・アカデミズムの巨匠ラザール・レヴィ(1882-1964)に師事。パリ国立高等音楽院ではジョセフ・ベンヴェヌッティ、マドレーヌ・ジロドー、ジャン・ユボーのもとで学び、ピアノと室内楽を首席で卒業。ニューヨークのジュリアード音楽院へ完全給費生として4年間留学し1971年首席で卒業。B.ウェヴスター、C.バトラー、P.マカノフスキーらに作曲法も学びジョン・エルスキン賞を受賞した。ソリストとしてヨーロッパをはじめ、米国、イスラエルなどで演奏活動を行い、ブザンソン、アルルなどのフェスティバルにも参加し、好評を博す。また、パリ・オペラ座において、ジェームズ・ロビンズ演出の「アザー・ダンス」ほか、オペラ座バレエ団のピアニストも務め、多くのエトワールたちからの信頼も得ている。

日本においては、1981年N響定期(ズデニヴェク・マーツァル指揮ショパン「ピアノ協奏曲第2番」)で初来日、最近では、2002年トッパンホールでリサイタルの後、日本各地での演奏会が続き、2008年、2010年と紀尾井ホールでリサイタルを開催。聴衆に深い感動を与えた。

パリ国立高等音楽院教授を経て、2006年からパリ・エコール・ノルマル音楽院教授として現在まで教鞭を執っており、パリ、ナンシー、神戸などで毎年開催されるマスタークラスに招かれている。レコーディングでは、カリオペからショパンの「3つのソナタ」(CAL4680)をリリースし、フレデリック・ショパン・ディスク大賞(1990年ワルシャワ)を受賞。2011年9月に新譜(2008年紀尾井ホールライヴ録音)を発売。2013年9月には、青柳いづみこ著のアンリ・バルダの本が出版された。



2015年9〜10月には長野、東京、横浜、名古屋、神戸、愛媛の6年でツアーを開催。

特に9/26の東京・浜離宮朝日ホール公演は満員御礼、大盛況ののちに幕を閉じた。





----------------------

次回来日時期:2017年10月末〜11月上旬

ツアー予定

10/29(日)14時開演 横浜・港南区民文化センター ひまわりの郷

11/2(木)19時開演   高崎・高崎シティギャラリー 

11/5(日)13:30開演  長野・長野市芸術館リサイタルホール

11/8(水)19時開演    東京・東京文化会館小ホール





 

Discography

  • In Japan Kioi Hall Tokyo 2008 2011.10.27発売 Amazon で購入
  • ショパン:3つのソナタ 2006.03.14発売