Artists

朴 葵姫Kyuhee Park

ギター

News

Next Concert

2018/12/21(金)
紀尾井クリスマスコンサート2018 マリア、現る!

会場:紀尾井ホール
開演:19:00

Profile



朴 葵姫(パク・キュヒ)/ギター Kyuhee Park, Guitar


1985年韓国生まれ。日本と韓国で育つ。3歳で横浜にてギターをはじめ、これまでに荘村清志、福田進一、A.ピエッリ各氏に師事。東京音楽大学を経て、2014年ウィーン国立音楽大学を首席で卒業。2016年アリカンテクラシックギターマスターコースを首席で卒業。05年小澤征爾指揮によるオペラ公演に参加。07年ハインツベルグ国際ギターコンクール第1位及び聴衆賞、08年コブレンツ国際ギターコンクール第2位(1位なし)、ベルギー“ギターの春2008”第1位(コンクール史上アジア人そして女性として初めて)、リヒテンシュタイン国際ギターコンクール第1位、09年アレッサンドリア国際ギターコンクール第2位及び特別賞(ヤングアーティスト賞)、12年アルハンブラ国際ギターコンクール第1位&聴衆賞、14年ポーランドのJan Edmund Jurkowski記念ギターコンクール2014優勝。他多くの主要国際ギターコンクールで優勝・受賞。NHK交響楽団、東京都交響楽団、読売日本交響楽団、新日本フィルハーモニー交響楽団、東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団、名古屋フィルハーモニ―交響楽団、京都市交響楽団、九州交響楽団、広島交響楽団、札幌交響楽団、群馬交響楽団、兵庫芸術文化センター管弦楽団と共演。


録音は「スエニョ~夢」、「ソナタ・ノアール」(フォンテック)、「スペインの旅」「最後のトレモロ」、「サウダーヂ-ブラジルギター作品集-」「FAVORITE SELECTION」(日本コロムビア) リリ-ス。いずれも異例のヒットとなり、多数レコード芸術誌特選を獲得している。18年2月新譜「Harmonia-ハルモニア-」リリース。


名実共にクラシックギター界を代表するギタリストとして注目を集める。12年カーネギーホール(ワイルホール)での米国デビューを果たし、国内外のギターフェスティバルへ招かれるなど世界的にも注目を集める。会場中を惹きつける音楽性と、とりわけ美しいトレモロ奏法の技術の高さは各地で絶賛されている。


 





 


演奏評




キュヒは奏でるすべての音に興奮と美をもたらす。


彼女の信じられないほど的確なギターは音楽を輝かせ、


音楽の喜びを聴衆と共有することを可能にする。


デヴィッド・ラッセル(ギタリスト)


 


朴葵姫は真の音楽家だ。


彼女が演奏すると、その指を通して、人間のコミュニケーションの奇跡が起こる。喜怒哀楽に深く訴えるように。


アルヴァロ・ピエッリ(ギタリスト)




■タレガ・ギターカルテット Tárrega Guitar Quartet




新世代のギターカルテット。24の弦が紡ぎ出す、“響きの空間”


ヴィルトゥオーゾギタリストであり、ギター界に名曲を多く残したタレガのように、


名演奏を残すカルテットをめざし、2015年に結成されたギターカルテット。


メンバーは朴葵姫、松田弦、徳永真一郎、岡本拓也。いずれもヨーロッパでの留学で研鑽を積む若手の新鋭ギタリスト集団。



Discography