Artists

ロシア・ナショナル・フィルハーモニー交響楽団National Philharmonic of Russia

オーケストラ

Profile

ロシア音楽界の一流ヴィルトゥオーゾたちから構成され、カリスマ的指揮者でヴァイオリニストでもあるウラディーミル・スピヴァコフ率いるオーケストラ、ロシア・ナショナル・フィルハーモニー交響楽団は、新生ロシアの音楽的シンボルのひとつである。その名前からも知れるように、ロシア・ナショナル・フィルハーモニー交響楽団(NPR)は、ロシアの重要な音楽機関であるばかりではなく、再建後ロシアの文化外交使節の役割も果たしている。当時のロシア連邦大統領ウラディーミル・プーチンの命により、ロシア文化省による惜しみないサポートの元、NPRは2003年に創設された。 NPRは、ロシア国家が、自らの文化伝統を維持すると同時に、革新的かつダイナミックな未来に向けて大胆に踏み出そうとする方向にも深く関わっていこうとする姿勢を象徴する存在である。

NPRの芸術監督にして首席指揮者であるウラディーミル・スピヴァコフは、ロシアが誇る偉大な伝統的交響楽作品を極めて高い水準で演奏するのみならず、滅多に演奏されない作品、20世紀の音楽、このオーケストラのために委嘱された作品などにも注意を払っていることで知られる。偉大なレナード・バーンスタインは、かつてスピヴァコフに自身の指揮棒をプレゼントしたことでも知られるが、この才能あふれる音楽家(=スピヴァコフ)は「音楽のオリンポスの住人」である、と断言した。

NPRは、新しく2億ドルをかけて建設された壮観なモスクワ国立舞台芸術センターのレジデンス・オーケストラである。ウラディーミル・スピヴァコフはモスクワ国立舞台芸術センターのセンター長も務める。これは、ヨーロッパ最大級の舞台芸術センターの一つに数えられ、また、チャイコフスキー・コンサート・ホール以来、100年以上ぶりにロシアに新設された“音楽の殿堂”でもある。オーケストラの主要な責務はロシアの文化的遺産・伝統を奨励し、次世代に残すことであるが、芸術センターはウラディーミル・スピヴァコフ国際財団の拠点ともなっており、ロシアをはじめ、独立国家共同体の才能あふれる若い音楽家をサポートしている。

優れた才能のある若い音楽家を支援し、彼らの専門的および芸術的な成長のために最適な環境を提供することが、オーケストラの重要な目的の一つともなっている。オーケストラはウラディーミル・スピヴァコフ国際財団と密接に関わっており、オーケストラにとっては新しい楽員候補となる芸術的な人材の重要な供給源ともなっている。また、NPRは2004-2005年のシーズンから指揮実習生制度を創設。彼らの中で最も優秀な者はNPRの演奏会でデビューする機会を与えられる。

NPR は常に新しいプログラムを提供し、マエストロ・スピヴァコフはもちろん、ジェームズ・コンロン、トーマス・ザンデルリンク、テオドル・クレンツィス、そしてウラディーミル・シムキンらとともに、モスクワをはじめ、国外でも演奏を行っている。NPRは、既に評価の定まった著名なマエストロ(サー・サイモン・ラトル、サー・ジョン・エリオット・ガーディナー、マイケル・ティルソン・トーマスなど)はもちろん、興味深い業績をあげつつあることで世界に知られる指揮者(アントニオ・パッパーノ、インゴ・メッツマッハー、クリスティアン・ティーレマン、ジョン・ネルソン、ジョージ・クリーヴ、ユッカ=ペッカ・サラステ、サカリ・オラモ、イオン・マリン、ダニエル・ハーディングなど)を招くことにも意欲的である。

創設後の2年間で、クシシュトフ・ペンデレツキ、ジェームズ・コンロン、ジョージ・クリーヴ、オッコ・カム、イオン・マリン、ジョン・リル、ナターリャ・グートマン、ギドン・クレーメル、ジェシー・ノーマン、プラシド・ドミンゴ、ホセ・カレーラス、キリ・テ・カナワ、ドミトリー・ホロストフスキー、セルゲイ・レイフェルクス、マリア・グレギーナ、フアン・ディエゴ・フローレスほかの魅力的なアーティストと共演。ロシア国内でのツアーの他に、ヨーロッパ都市での公演も成功させた。チャイコフスキーとラフマニノフの作品を録音し、H.ショアの交響曲“ロード・オブ・ザ・リング”をモスクワで初演、A.リブニコフの交響曲第5番をモスクワで演奏した。

2005年5月にはウラディーミル・スピヴァコフがNPRを指揮したイサーク・シュワルツのオーケストラのための協奏曲“黄色いダビデの星”のCDとDVDが、CAPRICCIOレーベルからリリースされた。この曲はスピヴァコフに献呈されたものでもある。また、2007年2月から4月には、36公演におよぶはじめての大規模なアメリカ・ツアーを成功させた。 NPRの木管及び金管セクションは、NPRの特別協賛企業“バルティカ”によって寄贈された新しい楽器を使用している。