Artists

宮谷 理香Rika Miyatani

ピアノ

News

Profile


宮谷理香は知的で色彩感豊かな演奏に定評のあるピアニストである。 その真摯な活動は今、更なる発展を続けている。 金沢市に生まれる。 桐朋子供のための音楽教室、桐朋女子高等学校を経て、桐朋学園大学卒業。95年第13回ショパン国際ピアノコンクールに第5位入賞し、一躍注目を集める。 96年同大学研究科修了と同時に、サントリーホール(東京)、いずみホール(大阪)にてデビューリサイタル。本格的な演奏活動を始め、国内の主要オーケストラとも共演。第23回日本ショパン協会賞、第9回飛騨古川音楽大賞新人賞受賞。松岡貞子、アンジェイ・ヤシンスキ、ピオトル・パレチニ、ハリーナ・チェルニー=ステファンスカ、園田高弘の各氏に師事。 海外での活動としては、これまでにパリのサル・プレイエル(サル・ショパン)をはじめ、ウィーンのグラフェネック城、ポーランドのワルシャワ フィルハーモニーホール、チェコのノヴェ メストなどでリサイタルを開催するほか、ドゥシニキ国際ショパンフェスティヴァル、99年ショパン没後150年演奏会(ポーランド四都市)02年国際交流基金の派遣による演奏会(ポーランド二都市/スペイン四都市)、中国の蘇州における日中友好コンサート等にも招待されている。 01年、04年、09年ライプツィヒ弦楽四重奏団と共演。04年 東京オペラシティの「B→C」シリーズでは、バッハから日本人現代作品までの幅広い可能性を示して優れた成果を挙げた。また、故郷石川での学校訪問活動(05年~)助川敏弥作品の新作初演(06年)、ヴァイオリンやサクソフォンとのアンサンブル、ピアニスト高橋多佳子とのピアノデュオ<Duo Grace>(06年~)など、新たな領域にも次々と意欲的に世界を拡げている。さらにショパンの作品を中心に彼をめぐる様々な作曲家を取り上げたリサイタル・シリーズ「宮谷理香と廻るショパンの旅(2001-2010)」を10年に亘って開催し、好評を博す。10年スロヴァキア・フィルハーモニー管弦楽団(L.スワロフスキー指揮)との共演。その他、全国各地でリサイタル、レクチャーコンサート、室内楽、また子供たちの情操教育を目的とした「こどものための音楽会」、故郷金沢での学校訪問公演はじめ、2011年には日生劇場のファミリーフェスティバル「アリスのおんがく旅行」へショパン役で出演するなど、幅広く活動を展開中。その自然で知性あふれる音楽、ニーズをとらえた企画力が高い評価を得ている。また、05年、10年に日本ショパン協会主催ショパンコンクール審査員を務めるなど、後進の育成にも携わっている。08年には初の著書「理香りんのおじゃまします!~ピアニスト万華鏡」を出版。全14枚のソロCDをリリース。ショパン名曲集アルバム「Rika Plays Chopin」シリーズの「SCHERZO」(09年)、「SONATA」(10年)、「Brin芽」(11年)、「Rain Tree樹」(12年)、「Impromptus彩」(13年)、最新作の「POLONAISE」(14年)、デュオ・グレイスのデビューCD「グレイス」(11年)、セカンドアルバム「ストラヴィンスキー:ペトルーシュカ/サン=サーンス:動物の謝肉祭、他」(14年)はレコード芸術誌特選盤となるなど、録音も高く評価されている。



SCHEDULE 

スケジュール



宮谷理香の最新公演情報は、「宮谷理香オフィシャルサイト」をご覧ください。

http://www.miyatani.jp/rika/schedule/default/index/index



◆Duo Grace(デュオ・グレイス)◆



高橋多佳子&宮谷理香ピアノ・デュオソロ、連弾、二台。ピアノの魅力を聴きつくす。華麗なるピアノ二台デュオ





ショパン国際ピアノコンクール入賞者の高橋多佳子(第12回)、宮谷理香(第13回)による二台ピアノデュオ。 2006年に結成。ソリスト同士のデュオならではの、2人の個性が生み出す華やかでダイナミックな音楽、繊細に交わる響き、ステージを盛り上げるエンタテイメント性にも定評がある。2011年はNHK-FM「ベストオブクラシック」、BSプレミアム「クラシック倶楽部」にて公演が放送された。2011年デビューアルバム「GRACE」(オクタヴィア)をリリース。レコード芸術誌にて特選盤となる

高橋多佳子HP http://www.takako-takahashi.com/

 

Discography