Artists

水谷川 優子Yuko Miyagawa

チェロ

News

Profile

「日本の交響楽団の祖」と呼ばれる祖父、近衛秀麿の遺志により6歳からチェロを始め、桐朋学園女子高等学校音楽科卒業後、同大学ディプロマコースを 経てオーストリア・ザルツブルクのモーツァルテウム音楽院首席卒業、その頃からヨーロッパ各地で演奏活動を始める。同音楽院の修士課程を修了しマギスタの称号を得た後にはローマのサンタ・チェチーリア国立アカデミー・ソリストコースにて研鑚を積んだ。第6回東京国際室内楽コンクールに優勝、併せて齋藤秀雄賞、アサヒビール賞を受賞。イタリア・カラブリア芸術祭コンクール・チェロ部門1位、ピネローロ国際室内楽 コンクール2位など数々の国際コンクールで入賞を果たす。チェロを勝田聰一、松波恵子、菅野博文、ハイディー・リチャウアー、故アルトゥーロ・ボヌッ チの諸氏に師事。室内楽をハーゲン弦楽四重奏団、ハンス・ライグラフ、メナヘム・プレスラー(ボザール・トリオ)の諸氏に学んだ。 19歳で故アレキサンダー・シュナイダー氏によりNY・ストリング・セミナーに招かれ、カーネギーホール、ワシントンセンター等で演奏。その後はザルツブ ルク室内管弦楽団首席奏者、ザルツブルク・ゾリステンのメンバーとしても活躍し、海外での演奏活動がメインであったが、2003年より日本でも本格的にソロ 公演を行うようになる。以来、カザルス・ホール、王子ホール、浜離宮ホール、紀尾井ホールなどでリサイタルを行い、いずれもヨーロッパに土台を持つ水谷川らしいオリジナリティに溢れる内容と豊麗な音色で多くの聴衆を魅了してきた。 2008年には「水谷川優子リサイタルシリーズ」を開始、田崎悦子と共演した初回の「Chopin's love for cello」、山田武彦を迎え意欲的なプログラムを披露した第2回目「白夜の調べ」と注目を集め、第3回では「渡欧20周年記念」のテーマでベートーヴェンとシューベルトといった欧州生活で培った得意の古典派を披露、若手ピアニスト山本貴志とのデュオも大きな反響を呼んだ。また分野の違う様々なアーティストとのコラボレーションも積極的に行い、2003年にはフィンランド各地で能シテ方の松井彬氏、鼓の大倉 正之助氏と日本の伝統芸能との公演を行い各メディアで絶賛を博した。同国では2008年にも現地を代表するアーティストとの パフォーマンスアートで即興演奏を行い話題となる。同年11月にはNHK第35回日本賞授賞式の授賞式で能管の一噌幸弘氏と皇太子御夫妻のご列席の元で記念演奏を行う。ソロのCDは2005年に1st.アルバム「歌の調べのように」をリリースし『レコード芸術』誌上で準推薦盤を、翌年には「ソルヴェイグの祈り」で準特選盤の評価を得た(いずれもビクターエンタテインメント)。その演奏は「どんな微妙な感情さえも音で表現し分ける歌心」「聴く人の心を揺さぶり、人々に生きる力を与えてくれる」と高く評されている。また社会貢献の意識が高く、留学生時代より個人的に続けている少年院、障害者福祉施設、ホスピス等における施設訪問コンサートの実績が認められ2002年度より財団法人倶進会から助成を受けている。現在、日本ではソロ以外にアルバート・ロト(ピアノ)、マーク・ゴトーニ(バイオリン)と結成した「テオフィルス・トリオ」(2008年度団バロックザール賞受賞)やバロックから現代までのレパートリーのチェンバロ三重奏「アクア・トリニティ」(2010年11月CD「水の薫り」リリース)といったグループでの演奏活動も展開。同時にヨーロッパ各地の著名な音楽祭に独奏者、室内楽奏者として招聘され高い評価を獲得している。その朗々たる調べは多くの人を魅 了してやまない。

Discography