Artists

望月優芽子Yumeko Mochizuki

ピアノ

Profile



桐朋学園女子高校音楽科、同大学・同大学研究科ピアノ科卒業。ピアノを高柳朗子に、室内楽を岩崎淑、有田正広各氏に師事。その後渡仏、パリとマルセイユ・国立地方音楽院、パリ・エコールノルマル高等音楽院にて、サンソン・フランソワ氏の唯一の弟子ブルーノ・リグット氏に師事。同学院卒業にあたり、審査員満場一致にて演奏家資格を授与される。又、アリシア・デ・ラローチャ氏にも師事し、スペイン音楽の魅力に惹かれ、レパートリーに加えている。  

 

これまでカントゥ国際ピアノコンチェルトコンクールにてロマン派・古典派両部門セミ・ファイナリスト、クレ・ドールコンクールにて1位受賞。マリア・カナルス国際コンクールにて名誉ディプロマ賞、サン・ノム・ラ・ブレティッシュ国際コンクールにて最高位受賞、ならびに日仏友好賞・聴衆賞・課題曲賞を受賞した。

 

恩師ブルーノ・リグット氏とは日本とフランスで数回に渡りピアノデュオコンサートを行い好評を博す。

国内外の音楽フェスティヴァルにも多々招待され、また、世界的なピアニストであるジャン・フィリップ・コラール氏が名誉会員の慈善協会にピアニストとして所属し、音楽を通して医学の発展や病気の子供たちに収益金を寄付する活動を率先して行っている。

 

2012年、ヴァイオリニスト神谷未穂とのデュオCD「ブーケ・ド・フランス」がN.A.T.よりリリース。2015年夏には、指揮者山田和樹氏によるフランス音楽をテーマにした講座で、ソロピアニストに抜擢される。また、同氏による指揮で、日本フィルハーモニー交響楽団のソリスト団員としてダリウス・ミヨーの「世界の創造」を東京サントリーホールにて共演する。

 

ビュシーサンジョルジュ音楽院、ランス国立地方音楽院教師を経て、現在後進の指導と共に国内外でソロ・室内楽で幅広く活躍している。