Artists

ダニエル・シューDaniel Hsu

ピアノ

News

Next Concert

2018/6/15(金)
Imagine Shining Star Series Vol.17 ダニエル・シュー ピアノリサイタル

会場:浜離宮朝日ホール
開演:19:00

Profile


2017年第15回ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール第3位入賞、新曲演奏賞、室内楽演奏賞受賞。



ザ・フィラデルフィア・インクワイアラー

「 なぜかその演奏に惹きつけられ、心を奪われる豊かな表現の切り口を持ち合わせた“詩人”」

 

ザ・フィラデルフィア・インクワイアラー

「素晴らしい個性の持ち主。輝かしく、豊かな音でドラマティックな場面・軽快な場面など隅々にまで神経が行き届いていた」

(ベートーヴェン:ピアノソナタOp.110演奏評)




ザ・フィラデルフィア・インクワイアラーにて、「なぜかその演奏に惹きつけられ、心を奪われる豊かな表現の切り口を持ち合わせた“詩人”」と評された19歳。2年ごとに22歳以下の若手ピアニストに贈られる、ギルモア・ヤング・アーティスト2016年に選ばれた、注目度急上昇中の若手アーティストである。

アメリカ、サンフランシスコ出身。6歳で音楽の勉強を始め、10歳でカーティス音楽院に入学。人気ピアニスト・ラン・ランやユジャ・ワンを育てた名教授ゲイリー・グラフマンとエレノア・ソコロフの元で8年間学んでいる。

アルゲリッチらも審査員として参加し話題となった2015年第9回浜松国際コンクールへ最年少参加し第3位受賞。その成熟した音楽性を高く評価された。アメリカ国内のコンクールでも優勝多数。2016年、2年ごとに22歳以下の若手ピアニストに贈られるギルモア・ヤング・アーティスト賞受賞(過去にユジャ・ワンやジョージ・リーも受賞)。同年5月には、ギルモア・キーボード・フェスティバルへ登場、6月にはフィラデルフィア管弦楽団にラフマニノフ:ピアノ協奏曲第2番でデビュー(指揮C.マチェラル)。17年4月18日にはNYのカーネギーホール・ワイルリサイタルホールでのデビュー公演が予定されるなど、注目度急上昇中のライジングスター。カーティス音楽院のパブリックラジオやテレビ番組などでも、兄姉で同じくピアニストのアシュリーとアンドリューとともに出演し高い評価を獲得したベートーヴェン・ピアノソナタの演奏会など特集が組まれている。ダニエルのソナタOp.110についてザ・フィラデルフィア・インクワイアラーは「素晴らしい個性の持ち主。輝かしく、豊かな音でドラマティックな場面・軽快な場面など隅々にまで神経が行き届いていた」と評した。

演奏活動の傍らコンピューター・プログラミングにも取り組み、2015年にはiPhoneアプリ「Workflow」がアップル・デザイン・アワードを受賞した。2017年第15回ヴァン・クライバーン国際ピアノコンクール第3位入賞、新曲演奏賞、室内楽演奏賞受賞。



ホームページ  http://daniel.hsumusic.com/



フェイスブックページ www.facebook.com/danielhsupiano.





=============================================

★Workflow(ワークフロー)とは

デバイス上における複数の作業を自動化することのできる iPhone アプリ。シューはこの開発チームの一人。

視覚に不自由のある人や面倒な手間を省きたい、そんな人々に便利に携帯を使えるよう開発された。

デザインや創造性、利便性を高く評価され、2015 年アップル・デザイン・アワード受賞。

https://my.workflow.is/



 =============================================



 

「あの年齢であんな円熟した演奏ができるのは一体なぜだろうと驚きました。」

海老彰子(ピアニスト/第9回浜松国際ピアノコンクール審査委員長)

 

 

シューは身体中に音楽が溢れていて、音のないところでも音楽を呼吸しているのがよくわかる。ピアノ四重奏曲では弦と一緒にフレーズをつくり、音もやわらかくよく歌い、モーツァルトにぴったり(使用楽器はスタインウェイ)。

(第9回浜松国際ピアノコンクールの)3次予選ではシューベルト『即興曲作品142-1』が良かった。右手の伴奏形をこえて左手が高音部と低音部で問いと答をくり返すところ、思わず涙が出てきた。どうしてそうなったかわからないが、何か人生のはかなさのようなものを感じた。ふと審査員席をみると、アンヌ・ケフェレックも目のあたりをぬぐっている。休憩のとき、少し話しかけてみた。「シューベルト、ぐっときましたね」「彼は、本当に、本当に音楽的」とうなずきながらケフェレック。「一次予選のときのベートーヴェン作品110がすばらしかった」「18歳で後期ソナタをすばらしく弾くなんて」「ねぇ」・・・そんな会話。


(青柳いづみこ/ピアニスト・文筆家公式Facebookページより)





©Ralph Lauer/The Cliburn 




©Ralph Lauer/The Cliburn 







©Jeremy Enlow/The Cliburn



Characterized by the Philadelphia Inquirer as a “poet…[with] an expressive edge to his playing that charms, questions, and coaxes,” 20-year-old American pianist Daniel Hsu captured the bronze medal and prizes for best performance of both the commissioned work and chamber music at the Fifteenth Van Cliburn International Piano Competition. Also a 2016 Gilmore Young Artist, first prize winner of the 2015 CAG Victor Elmaleh Competition, and bronze medalist of the 2015 Hamamatsu International Piano Competition, he is increasingly recognized for his easy virtuosity and bold musicianship.



The 2017–2018 season will launch with the release of his first solo album by Decca Gold, and continue with recital and concerto tours across the United States. Recent highlights include his Philadelphia Orchestra debut in 2016 and his Carnegie Hall debut in 2017 as part of the CAG Winners Series at Weill Recital Hall. Mr. Hsu has also appeared in recitals at the Dame Myra Hess Memorial Concerts, the Krannert Center for the Performing Arts, and the Gilmore International Keyboard Festival, as well as in concerts in Philadelphia, Chicago, Los Angeles, and New York. With orchestra, he has collaborated with the Tokyo Symphony Orchestra, Symphonia Boca Raton, and the Grand Rapids, New Haven, Roswell, and Fort Worth Symphony Orchestras, working with conductors Leonard Slatkin, Nicholas McGegan, and Marcelo Lehninger. He has also built a following and performed extensively in concerts across Japan.



His chamber music performance with the Brentano String Quartet earned him the Steven de Groote Memorial Award for the Best Performance of Chamber Music. The Dallas Morning News praised “his impassioned, eloquently detailed Franck Quintet,” proclaiming it to be “a boldly molded account, with a natural feeling for the rise and fall of intensity, the give and take of rubato. Both he and the Brentano seemed to be channeling the same life force.” He has also toured the United States with the Verona String Quartet.



A native of the San Francisco Bay Area, Daniel Hsu began his studies at age 6 with Larisa Kagan. He made his concerto debut with the Fremont Symphony Orchestra at age 8, and his recital debut at the Steinway Society of the Bay Area at age 9, before being accepted into Curtis at the age of 10, along with his two older siblings. He is currently the Richard A. Doran Fellow at the Curtis Institute of Music, where he has studied with Gary Graffman, Robert McDonald, and Eleanor Sokoloff.



Mr. Hsu is a secret Marvel film buff, and enjoys long walks and programming. He has contributed to the creation of Workflow, a popular productivity app that allows users to automate tasks on iPhone, iPad, and Apple Watch. A recipient of the coveted 2015 Apple Design Award, Workflow was acquired by Apple in March 2017.



ADDITIONAL 2017 CLIBURN AWARDS:

Steven De Groote Memorial Award for the Best Performance of Chamber Music

Beverley Taylor Smith Award for the Best Performance of a New Work