Artists

シューマン・クァルテットSchumann Quartett

弦楽四重奏

News

Profile

2013年5月ボルドー国際弦楽四重奏コンクール優勝

2012年シューベルト&現代音楽国際コンクール優勝




エリック・シューマン(第1ヴァイオリン) Erik Schumann, 1st Violin

ケン・シューマン(第2ヴァイオリン) Ken Schumann, 2nd Violin

リザ・ランダル(ヴィオラ) Liisa Randalu, Viola

マーク・シューマン(チェロ) Mark Schumann, Cello
 


07年にケルン(独)で結成。国際的ソリストとしても知られるエリック・シューマンが第1Vnとリーダーを務め、その弟達であるケン・シューマンが第2Vn、マーク・シューマンがVcを担当。ヴィオラはエストニア出身のリザ・ランダル。     

11年パオロ・ボルチアーニ・コンクール(伊)入賞、大阪国際室内楽コンクール2位を経て、12年シューベルト&現代音楽国際コンクール(墺)優勝。さらに13年に最も権威あるコンクールとして知られるボルドー国際弦楽四重奏コンクール(仏)にて優勝。以降、ムジーク・フェライン、コンツェルトハウス、ウィグモアホール、ベルリン・フィルハーモニー、コンセルトヘボウ等のヨーロッパ各地の名門ホールで演奏を重ね、カルテットとしての国際的キャリアを急速に築いている。   

16年シーズンから3年間、NYのリンカーン・センター室内楽協会のレジデントに選出。2015/16年はエステルハージ宮殿(墺)のレジデントを、また09年よりデュッセルドルフのロベルト・シューマン・ホールでレジデントを務めている。   

メナヘム・プレスラー、ザビーネ・マイヤー、アンドレアス・オッテンザマー、アルブレヒト・マイヤー、セドリック・ペシャ、ラモン・オルテガ・クエロ、ダヴィッド・オルロフスキ、ニコラス・アルトシュテット等とアンサンブルも積極的に展開。

カルテットとしてケルン音楽大学にてアルバン・ベルクQに師事。またマドリードのソフィア王妃音楽大学にてギュンター・ピヒラー(元アルバン・ベルクQリーダー)に師事。さらにH.ショーネヴェーグ(ケルビーニQ)、H.ミュラー、E.フェルツ等からも貴重な指導を受け続けている。

13年にデビューCD「ベートーヴェン/バルトーク/ブラームス」を、15年に2nd CD「モーツァルト/アイヴス/ヴェルディ」をリリース(いずれも独Ars)。2nd CDは2016年BBCミュージックマガジンアワードを受賞。

さらに17年にCD「Landscapes」、18年にCD「Intermezzo」、19年にCD「Chiaroscuro」をリリース(ベルリン・クラシックス)。 

2014年ユルゲン・ポント財団より室内楽賞を授与。  



■第一ヴァイオリン/エリック・シューマン Erik Schumann

1982年ケルン生まれ。リューベック音楽院を経て98年よりケルン音楽大学で学ぶ。14歳のとき巨匠クリストフ・エッシェンバッハ氏に認められ、99年シュレスヴィッヒ・ホルシュタイン国際音楽祭に出演。04年には同音楽祭で『レナード・バーンスタイン賞』を受賞。00・01年とラヴィニア音楽祭(シカゴ)に出演。これまでに、G.クレーメル、Y.バシュメットらと室内楽で、シカゴ響、パリ管、ハンブルク北ドイツ放送響、チューリッヒ・トーンハレ管、バンベルク響、BBCフィルなど共演。日本では、N響、都響、読売日響、東響、京響、神奈川フィルなどと共演する他、小澤征爾氏からの指名を受けて小澤征爾音楽塾や水戸室内管弦楽団へ参加している。07年ドイツのAviレコードよりデビューCDをリリース。また2014年にアレキサンダー・シェリー指揮ニュルンベルク交響楽団とのブラームスのコンチェルトのCDをリリース。1830年製G.F.プレッセンダを使用。現在、フランクフルト音楽・芸術舞台大学で教授を務めている。

http://www.erikschumann.com/langswitch_lang/en/  

■第二ヴァイオリン/ケン・シューマン Ken Schumann

1986年ケルンに生まれ。4歳でヴァイオリンを始め、12歳でソリスト・デビュー。10歳よりザハール・ブロンに師事し、ケルン音楽大学にて同教授のクラスににて学ぶ。その後、リューベック国立音楽大学のトーマス・ブランディスの元で研鑽を積む。2013年、レオポルト・モーツァルト国際ヴァイオリン・コンクールにて前衛作品演奏賞受賞をはじめ、数々のコンクールに入賞。室内楽でも02年にドイツのコンクールで妹のリザと弟のマークと組んだ弦楽三重奏で優勝。

■ヴィオラ/リザ・ランダル Liisa Randalu

1986年エストニアのタリン生まれ。ドイツのカールスルーエで育ちヴァイオリンをはじめたが、2009年にヴィオラに転向。フランクフルトでノートス・クァルテット(07-12年)のメンバーとしてパークハウス賞国際コンクール、チャールズ・ヘネン国際コンクールで優勝。2012年12月よりシューマン・クァルテットのメンバー。ソリストとしてタリン室内オーケストラ、シンフォニエッタ・フランクフルト、ドイツ弦楽フィルハーモニー等で共演。国際コンクールで優勝歴もあり、多くの奨学金を授与されている。ミヒャエル・ザンデルリング指揮ドイツ弦楽フィルハーモニーとブルッフのダブル・コンチェルトのツアーや、タリン室内オーケストラでモーツァルトの協奏交響曲を共演予。ローランド・グラッスルに師事。ベルリンのハンス・アイスラー音楽大学修士課程にて学ぶ。

■チェロ/マーク・シューマン Mark Schumann

1988年ケルン生まれ。4歳からチェロを始める。7歳で全ドイツ学生音楽コンクール第1位、11歳でオーストリアのチェロ・ジュニア国際コンクールで優勝。ドイツ国内の学生の中から唯一人に与えられる2012年度メルキッシュ文化賞受賞。ケルン国営放送、バイエルン国営放送等で度々演奏が紹介されている。日本では07年スロヴァキア・フィルのソリストとしてサントリホールで鮮烈なデビューを飾った。また09年に読売日響と共演。D.ゲリンガス、H.シフ、F.ヘルマーソンらに師事。ケルン音楽大学でニコラ・アルトシュテットに師事。その後ベルリンのハンス・アイスラー音楽大学修士課程にて研鑚を積む。1710年製カルロ・ジュゼッペ・テストーレを使用。
http://www.markschumann.de/



 

Discography